ポポありがとう

お友達の現代レイキマスターの愛犬が天に召されました。

 

いつも元気だったポメラニアンのポポ。マスターの会ではレイキ犬として活躍してくれました。

 

呼吸が少しずつ苦しくなりながらも、亡くなる日の朝までちゃんと立ってこちらを向いていました。もう最期と思って膝の上に乗せた後に亡くなったそうです。

 

飼い主さんからいつもヒーリングを受けている子は、不思議なくらい穏やかに、そしてグッドタイミングで旅立ちます。

 

お花に囲まれて眠るポポは、まだ生きているかのように温かくやわらかでした。

 

今もすぐ傍にいて、元気いっぱいに見守ってくれています。ポポ、これまでも、これからも、ずっとありがとう。

 

関連記事: 

ペットにレイキ  

ペットにレイキ2

ペットのヒーリング

ペットの命日