マスターの会で泣いて笑って幸せな時間

4月から職場を東京に変えるマスターのために、それぞれが一品を持ち寄って送別会。

 

さすが主婦業もこなす人たち。驚きのクオリティーです。ついでにクオンティティー(量)も半端ない。 


食後のお点前で日本女性らしく楚々としたお茶会を

 

…のはずが、ひとつ余った苺大福争奪戦でエキサイト。みんな、一回落ち着こっ!!


「あー、お腹いっぱい、もう入らんわ」

 

…のはずが、手作りケーキと本場のチャイで再び盛り上がる。

 

明るく賑やかで、そして穏やかで優しいひと時。食べて喋って、笑って泣いて…。ごくごく自然に本音を出せます。波動が合うって、こういうことなんかな。おかげさまで全員の免疫力がア~ップ。

 

平和な国の平和な時代に生まれ、そしてこうやって出会えたことは奇跡です。贅沢や~。ありがたや、ありがたや。もはや、縁側で日向ぼっこしてるおばあちゃん状態です。


大宇宙だかなんだか知らんけど、すっごい存在が上から見ていて、こんなサプライズを用意してくれてたんだねぇ。あんなこと、こんなこと色々あったけど、色々なければ今ここにはいない。そう思うと、あんな人こんな人にも感謝が溢れます。

 

関連記事:自分を変える…のおまけ

 

ありがたや~、むにゃむにゃ。幸せだと眠くなるなぁ。体の芯からあったまる。やっぱり、日向ぼっこのおばあちゃんや。

 

みんなのアイドル、老齢のレイキ・ドッグ(四足歩行)と去年生まれたレイキ・ベビー(四足から二足歩行へ移行中)が追いかけっこ

 

関連記事:マスターの会で裏も表もOKな時間