レイキは宇宙に満ちる愛と調和のエネルギー

レイキは人の高い意識と共鳴して、私たちを本来の健全な状態に戻してくれるエネルギーです。どこか遠くにあるのではなく、私たちの周囲に満ち、私たちの中にもあります。

 

日本では「霊気」と呼ばれ、明治大正時代に様々な霊気療法が流行します。中でも臼井甕男(みかお)が創始した臼井霊気療法は、人として本当の幸福をめざすという点で、治療に重点を置いた他の霊気療法とは一線を画していました。

 

これがReikiとしてハワイ経由で世界に広まり、海外の実践者は現在数百万人以上といわれます。Reikiを補完医療として採用している病院もあります。 

 

Reikiは1980年代にふるさとである日本に、西洋レイキとして形を変えて戻ってきました。その広まりは急速で、現在国内で実践されている殆どが西洋レイキです。また、海外に渡らなかった創始者の団体、臼井霊気療法学会も現存しています。

 

「物中心」から「心・魂重視」へと時代が変化する中で、日々の暮らしにレイキを取り入れるのは、賢い選択肢のひとつといえるでしょう。 


現代レイキは現代人のためのレイキ活用法

「国内の伝統式レイキの高い精神性」と「西洋レイキの実用性」の両方の良さがあります。気軽に使えて、しかも効果的です。

 

「心身の健康」が入り口であり「常に安らかで、豊かで、喜びに満ちた人生の中で、与えられた使命を果たす」ことををめざします。

 

土居 裕 現代霊気ヒーリング協会代表

国内外に広がるネットワーク NPO現代レイキの会 


現代レイキの魅力

  • 手を当てるだけで自分で自分を癒せる
  • その日から使え、使えば使うほど使いやすくなる
  •  特別な能力、複雑なテクニック、道具が不要
  • 人から邪気を受けず、実践者も同時に癒される
  • 信じなくても感じなくてもOK
  • 動植物、物、場の浄化ができる
  • 医薬、他のセラピーとの相乗効果がある
  • 遠くへ、過去・未来へ送ることができる(レベル2)
  • 霊性・精神性が向上する(レベル3)
  • 人生をどう生きるかの指針が示されている