世界とゆるく繋がる

世界を旅するうちに、Reikiというものに出逢い、複数のマスターからレベル2まで(西洋レイキを)学んだロンドン在住のエミリア。2018年12月に私から改めて現代レイキのレベル2まで復習を受け、翌年レベル3まで学び進んでくれました。

 

時々思い出したように連絡をくれます。去年はアフリカのマサイ族?と一緒の写真でした。今回はDubrovnikという小さな港町から美しい写真が何枚も届きました。

 

臼井霊気療法の一番大事な教えの「五戒」を、毎日日本語で唱えているそうです。

 

Dubrovnik…って、いったい何処?


Googleマップで探すとクロアチアでした。アドリア海に面していて、すぐ隣はボスニアヘルツェゴビナ。ニュースでしか耳にしたことのない地名ですが、現代レイキを愛しているエミリアが居ると思うと、とても近しく感じます。


写真はエミリアのためにヒーリングの練習台になってくれたマスター。レベル3では(英語なのに)一緒にフォローとして受講してくれた方もいました。私から受講した人たちがよく似たのんびりとした雰囲気だったので、エミリアも心地よかったようです。

 

みんなの協力のおかげで、ここ北陸の小さな町で世界の波動を上げることに貢献できています(笑)

 

レイキに出合うきっかけも、レイキを役に立てる生活の場も、ひとそれぞれ。みんな違ってみんないい。そして同じエネルギーで同じ目標を持って生きている人が、近くにも遠くにもいて、ゆるーく柔らかく繋がっているって、素敵です。

 


お返しに地元の雪景色の写真を送ると、「わ~、きれい!山が大好き」と、すぐに返事がきました。インターネットという文明の利器でもちゃんと繋がっているのでした。