面倒なことは呪文で解決?

こちらのBlog令和へ移行してから、「どこそこへ行った」という報告が重なってしまったので、私がいつも積極的に動き回っていると勘違いした方もいるかもしれません。

 

普段は大人しく家にこもっている女の子なのです…(最後の女の子ってところだけ嘘っぽい)

 

で、家で何をしているかというと、まぁ、普通の「女の子」同様、おうちの用事。片づけて、ちらかして、文句言って、笑って、ボーっとして…その隙間にメールしたり、などなど、とりとめもなく過ごしております。


頭の中ではあれもしよう、これもしようと、次々と考えが浮かびますが、私は魔女ではありませんから、チチンプイプイと呪文をかけて、あっという間に片づけるなんてことはできません(残念!)

 

体はひとつしかないし、手は2本しかないし、忍者でもありませんから、分身の術は使えません。

 

こうしてブログを書いている時に、庭の草むしりはできません。できないのに、「ああ、今日もできなかった」と自分を責めるのは実に生産的ではありません。その逆も同じで、草むしりをしながら、ブログを書く時間がないと嘆くのは生産的ではありません。

 

エネルギーの無駄遣いってやつです。


そこで、今やっていないことを「しなくてはならない」と「思い込む」ことを止めてみました。

 

「…たらいいのに」「…すべき」という脈絡のない「思いつき」を、あたかも優先順位一番であるかのように大切に扱うのを止めたのです。

 

そして今自分の肉体が行っている行為のことだけ考える、これが一番効率的です。

 

毎日コツコツとレイキ実践を積み上げていくうちに、過去や未来や他人の言動に囚われることは格段に減りました。意識が横ブレせずに、自分の中心に近づいている気がします。

 

と言っても、完璧ではありません。「あー、また(アホなことや無駄なことを)考えてるな」ということがあります。

 

以前なら無駄な妄想をしながら自分を責めていたけど、今はそんな自分を「観察しながら」ちょっぴり妄想しています。そして、そんな自分を「かわいいやっちゃぁ」と思っています。

 

ずいぶんいい感じになりました。

 

あと少しだね。

 

ここにいない自分、もしかして草むしりしているかもしれない自分は私が作り上げた幻影。今こうやってブログの原稿を練っている自分、これがたった一人の自分です。

 

私以外の人の言動は私の言動ではないし、人の言動からくる刺激も幻影=私が作り上げた勝手な思い込み。真実ではありません。あっしには関りのないことでござんす(古っ!)

 

私は今ここにしかいない。私は他の誰かではない。

 

いろんな偉い人たちが、同じことを何度も言ってるけど、なかなか腑に落ちないことがあります。体験として落ちてこない。そんな時はレイキでハラの中のゴミ掃除をすると、すんなり入ってくることが多いです。 

 

魔女や忍者にはなれないけど、木枯し紋次郎にはなれるかも。

 

…てなわけないか

 

ど~こかでぇ~、だ~れかがぁ~ 

紋次郎さんの歩き方はやたら速かったな